NEWS RELEASE

2017年04月06日

若年層に対するプログラミング教育の普及推進について

 

総務省実施の「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に採択

~地元大学生によるロボットプログラミング教室「ロボ団」~
 
次世代型子ども向けスクール(学童保育・英会話教室・ロボットプログラミング教室「ロボ団」)を運営する夢見る株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:重見彰則 ※以下、夢見る)は、総務省が実施する「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に採択され、大阪府堺市内の小学校2校で大阪府立大学の大学生が講師となるロボットプログラミング教室「ロボ団」を開講します。

 

■「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業について

 「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業は総務省が推進するプログラミング教育の低コストかつ効果的な実施手法や指導者の育成方法等を、クラウドを活用しつつ実証し、全国に普及させることを目的に取り組まれています。

 

■大阪府堺市内の小学校でのロボットプログラミング教室「ロボ団」開講事業について

 国際ルールに準拠して開催するロボットコンテストを目指し、大学生が講師となり小学生がペアでロボットの制作・制御(プログラミング)を学び、習得します。夢見るは「世界でも勝負できる子どもを育てる」をミッションに掲げ、異業種メンバーが次世代型子ども向けスクールを運営し、時代の変化によって必要な教育のプラットホームを展開中です。本事業では地元大学生による小学校でのロボットプログラミング教室「ロボ団」の開講によって、地域密着型のプログラミング教育の実施とプログラミング指導者の育成を行ないます。また、地域密着型の特性を活かし、全国のどの地域でも実施・展開が可能なカリキュラムと教育モデルの確立を目指します。

 

■本件に関する詳細・掲載等についてのお問い合わせ

TEL:072-258-8111 MAIL:info@youmemiru.co.jp

広報担当 池田までご連絡くださいませ。


 


 
次の記事へ